【2020年版】徹底比較!はじめてのハワイにオススメの旅行会社は?その②

Aloha!こんにちは。マリアです。

今回も引き続き「アフターコロナにハワイに来てね!」特集の第三弾
はじめてのハワイにオススメの旅行会社はどこなのか?徹底比較しちゃいます。

「これも伝えなきゃ」「これも重要!」と記事を書いていると、当初の予定よりかなり長編になっちゃいましたが…汗

その分、はじめてハワイに行く方に役立つ内容になってると思います!

今回もハワイでサプライズやさんを営む私、マリアならではの視点で「忖度なし」「ホンネ100%」でご紹介して行きますね!

さて、前々回は「結論、ハワイが初めてのあなたには旅行会社をオススメします。」という記事を書きました。

そして、前回は「ではどこの旅行会社がいいのか?」に踏み込んで行きました。

それぞれ、まだご覧になっていない方はぜひ合わせてご覧くださいね。
順番に読んでいくと、スッキリすると思います。

関連記事

Aloha! こんにちは!マリアです。 今日は「アフターコロナにハワイに来てね!」特集として(笑)ハワイ旅行の選び方をアドバイスしちゃいます! 「ハワイに行くなら旅行会社がお得?」「それとも個人手配かな??」「何が、どう違うの[…]

ハワイ旅行の選び方
関連記事

Aloha〜 こんにちは!マリアです。 さぁ、今回は「アフターコロナにハワイに来てね!」特集(笑)の第二弾です!はじめてのハワイにオススメの旅行会社はどこなのか?徹底比較しちゃいます。 ハワイでサプライズやさんを営む私、マリア[…]

はじめてのハワイにオススメの旅行会社

それでは、早速はじめましょう!

比較した以下の3社のうち、JTBについては前回触れたので、今回はHISとJALパックを見て行きます。

・JTB
・HIS
・JALパック

幅広く充実したサービス、HISのハワイ旅行

HISのハワイ特集ページ

「とにかく安さが売り!」それが私の過去のHISのイメージです。

もちろん、手頃な値段が今でも売りであることは間違いないでしょう。
でも、それだけではないようですよ?

若いカップルやグループ、ファミリーが多いHIS。
様々なことに感度が高い世代ですから、サービス内容もちゃんと進化してました!

まずはハワイ旅行を楽しむための基本スペック。こんな感じです。

<HISの基本スペック>
早期予約割引:あり(150日前、120日前など)
飛行機の並び席:90日前までの予約で指定可能
空港ラウンジ:帰りの専用空港ラウンジが利用特典
空港・ホテル間の送迎:あり
トロリー・バスなどの現地移動手段:あり(13ルート)
専用ラウンジ:4箇所(クラブラウンジ1箇所)
貸出サービス:スマホ(WI-FI、電話機能付き)、ベビーカー、お子さんの砂遊び&ビーチトイ(プレゼント)、傘、GoProなど

全体的にサービスが充実している印象です。
はじめてのハワイで困ることは全くないでしょうね。

個人的には「あれこれ楽しみたい欲張り旅」ってイメージでしょうか?
JTBではちょっと残念ポイントだった最新テクノロジーの活用も一歩抜き出ているようです。

反面、私の周囲にヒヤリングしてみると、日本・ハワイそれぞれの店舗スタッフの接客がちょっと…という意見もありました。
これはJTBの時には出てこなかったポイントです。
まぁ接客はあくまで「人」なので、たまたまだと思いますが、全てのお客さんが気持ちよく利用できるといいですよね。

ポイントとなる部分を深く見て行きましょー

ルートと停留所の多さが圧倒的!HISのトロリー

HISのトロリー
(HISのレアレアトロリー)
HISのトロリーマップ
(HISのトロリーの路線と停留所)

HISのレアレアトロリーは、とにかくいろんな所に走ってます!(その数なんと13ルート)
そして、とにかく、いろんなところに停まってくれます!(停留所67箇所)

<主な運行ルート(行けるところ)>
アラモアナ、ドンキホーテ、ダイヤモンドヘッド、カハラモール、ワード、カカアコ、ダウンタウン、ダイヤモンドヘッド、KCCファーマーズマーケット、カリヒなど

残念ながら、JTBのようにカイルアやノースショア(ハレイワ)などの遠方に行くルートはありませんが、それがマストでない人にとっては必要十分です。
主要な観光ポイントは回れるのでオススメですよ。

ただし、JTBのトロリーより、少ーし乗り心地が硬い感じ。
長時間乗っているとお尻が痛くなってしまうかも知れません。

トロリー内ではWI-FIも使えます。

ちなみにアプリをダウンロードすれば、トロリーが今どこ走っているかも直ぐ分かります。
これも結構便利なサービスでした。たまーにGPSがズレて変な表示になってましたが…これはご愛敬だと思います(現状のテクノロジーの限界)

HIS LeaLeaトロリー アプリ
(HISのLeaLeaトロリーアプリ)

いつでもインターネットはやっぱり嬉しい!HISのSmart Wi-Phone

HISのSmart Wi-phone
(HISのSmart Wi-Phone)

これは絶対に便利だと思います!

ソフトバンクのアメリカ放題に入っている人やSIMカードを使い慣れてる人なら必要ないかも知れませんが、旅行会社がハワイで貸してくれるのはやっぱり便利です!
いまや「インターネットは常に繋がってないと不安」って方も多いのではw

英語が苦手なら電話はあんまり使わないかも知れませんが、地図が見れれば、はじめてのハワイで道に迷わなくても済みますし、WI-FI機能もついてるのでWI-FIルーターとしても使えます!(なので別で借りなくても大丈夫)

この辺はHISが一歩抜き出てるな〜と思います。

カジュアルとラグジュアリーなHISのラウンジ

HISのlealeaラウンジ
(HISのLeaLeaハイアットラウンジ)

ラウンジの充実度で言えば、HISも負けてはいません。
HIS利用者なら誰でも使えるLeaLeaラウンジはカジュアルで明るい雰囲気。

フリーWI-FIやドリンクはもちろん、キッズスペースや授乳室、オムツ替えスペースなんかもありました。

ベビーカーや傘も無料で貸してくれますし、お子さんには砂遊びセットやビーチグッズをプレゼントしてくれたりします。
これも何気に嬉しいですよね(我が家は子供はいないので詳細は未確認ですw)

サポートデスクも備わってるので、困ったことがあったらいつでも相談できます。オプショナルツアーを申し込んだり、レストランの食事プランを購入したりもできます。

いろいろな場所にあるのも便利ポイントです。

<HISのレアレアラウンジがある場所>
・ザ ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキ
・ワイキキ ビーチ マリオット リゾート&スパ
・ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチ リゾート
・ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート&スパ

ハワイで流行りのクラブラウンジもいい感じですね。
こちらはカジュアルながらもラグジュアリーさも兼ね備えた感じ。

HISのクラブラウンジ①
HISのクラブラウンジ②
HISのクラブラウンジ③
(いずれもHISのクラブラウンジ)

JTBは複数のラウンジを設けているのに比べて、HISはTギャラリアの1箇所のみ

ただ、その分、施設は凝縮・充実しているイメージでした。
こちらのクラブラウンジだと軽食なども提供されています。

申し込むツアーやホテル、お部屋のグレードなどによって利用できない場合もあるそうですが、ハワイ挙式のツアーも対象になっているようなので、はじめてのハワイ=ハワイ挙式だったら使えるかも知れません。

こんなラウンジで2人でリラックスできたら、気分も上がりますね!

さらにHIS限定の特別なサービスが

ここまで書いた内容もHISでハワイ旅行することの特典ではあるのですが、更にHISならではの特別なサービスも色々とあるそうですよ。

まず、選べる特別企画。以下の3つから1つ選べちゃいます。

例えば、太陽の下でこーんな感じのBBQを体験できちゃいます。
お子さんにとっては忘れられないハワイの思い出になるんじゃないでしょうか!

HISのグランピング
HISのグランピングでBBQ
(いずれもHISのグランピングイメージ)

または、人気のカイルアタウンの散策や天国の海と名高いカイルアビーチ、数々の映画の撮影にも使われた広大なクアロアランチ(牧場)、美しいカネオヘ湾、イルカに会いに行くなどのオリジナルツアーがたくさん設定されています。

どれもカップルや家族で行くには楽しそうで、どれか1つと言われても…2つじゃダメですか?と聞きたくなっちゃいます。ダメですか?HISさん…笑

カイルアタウン
(HISで行くカイルアタウン)
カイルアビーチ
(HISで行くカイルアビーチ)
クアロアランチ
(HISで行くクアロアランチ)
HISのドルフィンツアー
(HISで行くドルフィンツアー)

ハワイから帰国前に嬉しい空港ラウンジも!

HISの空港ラウンジ
無料で提供されるドリンクや軽食
(いずれもHIS専用のホノルル空港ラウンジ)

楽しいハワイ旅行もついにフィナーレ、帰りのホノルル空港です。

ここでも、HISなら特典が!なんと専用の空港ラウンジが使えちゃいます!
これは旅行会社でも初のサービスになると思います。

ハワイ出発前って、疲れてるし、出国後はあんまりお店もなくて暇だし、こういうラウンジサービスは嬉しいものですよね。

決して豪華なラウンジではありませんが、エコノミークラスでも使えるラウンジだと言うのだから間違いなくお得です!

<HISの空港ラウンジのサービス>
・軽食サービス
・ドリンクサービス(ビール、ワイン、ソフトドリンク各種)
・WI-FI、iPadステーション
・日本語の新聞&雑誌
・テレビ、トイレ完備
・フライト情報サービス

と、まぁこんな感じでHISの旅も捨てがたい感じです。
はじめてのハワイなら、とても楽しめるのではないでしょうか?

HISの旅が気になった方は早めに下調べしておいた方がいいですよ。

HISでハワイ旅行をチェックする

シンプル派のあなたにおすすめ。JALパックで行くハワイ旅行

JALパック

さぁ、残る比較対象はJALパック。
航空会社系の旅行会社で行くハワイ旅行はどんな感じなのでしょうか?

ここで、前々回の記事の繰り返しになりますが、各旅行会社の料金を振り返っておきます。

まず、比較するための前提条件はコチラ

比較した前提条件:
ホテル:シェラトン ワイキキ
部屋のグレード:オーシャンフロント 10階以上 ダイヤモンドヘッド側
航空会社:JAL指定
出発日:2020年10月18日

あくまで参考ですが、この場合で私が調べた際の各社の価格はこんな感じでした。

JTBHISJALパック
3泊5日252,000円〜252,800円〜240,100円〜
4泊6日294,000円〜292,800円〜277,200円〜
5泊7日336,000円〜332,800円〜314,100円〜

ご覧のとおり、若干ではありますが、料金面で一番安いのがJALパックという結果になりました(繰り返しになりますが、都度価格や内容は変更になるので参考程度としてお考えください)

これはなぜか?
結論から端的に言ってしまうと、ツアーの内容が最もシンプルだからです。

まずハワイ旅行の基本スペックはこんな感じ。

<JALパックの基本スペック>
早期予約割引:あり(180日前、90日前など)
飛行機の並び席:座席の指定が可能
空港ラウンジ:ビジネスクラス以上やJALの上級会員のみ
空港・ホテル間の送迎:オプション
トロリー・バスなどの現地移動手段:あり(5ルート)
専用ラウンジ:5箇所(クラブラウンジなし)
貸出サービス:ベビーバギー、傘、コンパクトカメラ用三脚

まず、申し込むツアーによってはハワイ到着後の空港・ホテル間の送迎がオプションになります。

空港送迎はハワイがはじめての人には必須だと個人的には思いますので、JALパックでハワイ旅行を手配する際は気を付けたいところですね。

また、ラウンジの内容やその他のサービスも、良く言えばシンプル、悪く言えば他社の方が充実している、って感じでしょうか。

ただ、はじめてのハワイでも「旅はシンプルに!」って方にはいいかも知れませんよ。

何気にこれは大きい!飛行機の座席指定ができる

JALのシートイメージ
(座席指定ができる!JALのシートイメージ)

通常のハワイツアーでは、飛行機の座席は「旅行会社にお任せ」または「並び席確約」が一般的です。

正にこれは航空会社の強みですね。JALパックであれば座席をあらかじめ指定することが出来ます。

これは実は結構大きいですよ〜

当日、空港に言って座席を知って「こんな席か〜」とガッカリした経験がある方も少なくないのではないでしょうか?
かく言う私もその1人です笑

事前に飛行機の席が分かっていたら安心ですよね。

これはJALパックを選ぶ1つの大きな理由になり得ると思います。

JTBと同じ!HiBus(ハイバス)が乗り放題

JTBのハイバス
(JTBのハイバス)

JALパックで申し込むとハイバスに乗れるんですね!
これは私も知りませんでした。以前はオリジナルのトロリーだった気もしますが…

前回の記事で触れた通り、ハイバスは少し上質な感じのトロリーですし、車内ではWI-FIも使えます。

5つのルートで運行しているようなので、はじめてのハワイでも困ることは無いでしょう。

<主な運行ルート(行けるところ)>
アラモアナ、セイフウェイ、カハラモール、ワード、カカアコ、チャイナタウン、ドンキホーテ、ウォールマート、ホールフーズ、ダイヤモンドヘッド、KCCファーマーズマーケット、ホノルル動物園、ワイキキ水族館など

ラウンジもシンプル。でも広範囲をカバー

JAPパックのアロハステーション

JALパックのラウンジ「アロハステーション」は他社に比べるとシンプルかつ小規模なイメージ。

でも5箇所もあるので、広範囲をカバーしてくれています。ワイキキに泊まるならどこかのラウンジが近くにあるでしょう。

オプショナルツアーや困った時にヘルプしてくれるデスク、お土産コーナー、べベーカーなどの貸し出し、WI-FIなどのサービスがあります。

ただ、飲み物はお水だけなので…JTBやHISに比べると…やっぱりシンプルですかね…

オリジナルの観光ツアー「ホクレア」

JALパックのツアー
(JALパックのツアー「ホクレア」バス)

全体的にシンプルなJALパックとは言え、オリジナルのツアーも付いて来ます!

ハナウマ湾からカメハメハ大王像までオアフ島の観光スポットを巡るツアー

オアフ島の北側にあるオールドタウンノースショア、ハレイワまで足を伸ばすツアー

人気のカイルアタウンを散策できるツアー

タンタラスの丘(個人で行くのは安全面でオススメできません)から見るサンセット&夜景ツアー

など、結構多彩な内容から1つを選べます。

申し込むツアーの内容によって無料の場合もあれば、追加料金が少しかかる場合もあるようなので、申し込む前にしっかりチェックしましょう!

JALのボーナスマイル付きのツアーも

これも航空会社の強みですね。

ツアーによっては、ボーナスマイルが付いて来る物もあるようです。
ものによっては貰ったマイルで国内旅行ができるレベルですね。

これは日頃からJAL派の方には良いニュースではないでしょうか。

気になったらあれこれ見てみるのがいいですよ。

JALパックでハワイ旅行をチェックする

以上、長々とお付き合いいただき、ありがとうございました!

いかがだったでしょうか?

旅行に付いて来るサービスや価格は都度変動しますので、この記事を参考にしつつ、ご自分の目で最終的には確かめて欲しいのですが、調べれば調べるほど、旅行会社のツアーは充実していて、はじめてのハワイだったら大いにアリだなって思いました。

安さも大事ですが、慣れない土地で困ったり、トラブルに巻き込まれる方がよっぽど悲しいので…

私たちハワイでビジネスをする身としても、せっかくハワイに来てくれたら、思いっきり楽しんで素敵な思い出を作って欲しいなと思っています。

そして、少しでもハワイが好きになって、また遊びに来てくれるともっと嬉しいです。

あっ、特別なハワイの思い出にはサプライズがオススメですよ!(しつこくてすみませーんw)

ハワイの計画はお早めに!

現在、新型コロナウイルスの影響でハワイにはまだ行けないのですが、それでも既に「いつからハワイに行けるの?」という問い合わせは、旅行会社さんにも私たちの会社にも多く寄せられています。

ハワイ旅行が解禁になると、行きたい人が一気に予約を取り始めて価格が上がったり、予約が取れなかったりしますので、もしハワイ旅行を考えてる方は早め早めに下調べや予約をした方がいいと思います。


<大人なハワイ旅行派のあなたなら>
JTBでハワイ旅行をチェックする

<あれこれ欲張りハワイ派のあなたなら>
HISでハワイ旅行をチェックする

<旅はシンプル派、JALが大好きなあなたなら>
JALパックでハワイ旅行をチェックする

それでは、みなさん、ハワイで会いましょう!

Mahalo!(ハワイ語で「ありがとう」)

ブログランキング参加中!
面白かったらクリックお願いします!


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ