【2020年版】徹底比較!はじめてのハワイにオススメの旅行会社は?その①

Aloha〜 こんにちは!マリアです。

さぁ、今回は「アフターコロナにハワイに来てね!」特集(笑)の第二弾です!
はじめてのハワイにオススメの旅行会社はどこなのか?徹底比較しちゃいます。

ハワイでサプライズやさんを営む私、マリアならではの視点で「忖度なし」「ホンネ100%」でご紹介して行きますね!

あっ、ハワイに来たらレインボースマイルでサプライズもぜひ笑

前回は「結論、ハワイが初めてのあなたには旅行会社をオススメします。」という記事を書きました。

えっ?なんで??と思った方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

関連記事

Aloha! こんにちは!マリアです。 今日は「アフターコロナにハワイに来てね!」特集として(笑)ハワイ旅行の選び方をアドバイスしちゃいます! 「ハワイに行くなら旅行会社がお得?」「それとも個人手配かな??」「何が、どう違うの[…]

ハワイ旅行の選び方

そして、今回は「じゃあ、どこの旅行会社がオススメなのか?」に切り込んで行きます。

比較したのはこちらの3社です。

・JTB
・HIS
・JALパック

もちろん、他の旅行会社さんもたくさんありますが、私がはじめてハワイに来る方に旅行会社をオススメする理由とはちょっと離れて来ちゃうんですよね。

ただし、それらの旅行会社さんを否定する気は全くないので、今回の記事+自分が気になった旅行会社をチェックしてみるのが最適だと思います!

では、はじめましょー

「高いけど安心のJTB」「安さが売りのHIS」は本当か?

高いけど安心?安さの?

ぶっちゃけ、私もそう思ってました!特に昔からJTBを知っている方ほど、そう思うかも知れませんね。

ただ、今回いろいろと比較してみると…必ずともそうとは言えないようなんです。
おやおや?これはハワイに強い旅行会社さんも変わって来てますね〜

試しに同一条件で比べてみたので、各旅行会社さんが出している値段を載せておきますね。

比較した前提条件:
ホテル:シェラトン ワイキキ
(私がハワイ挙式をした時に泊まった思い出のホテルw)
部屋のグレード:オーシャンフロント 10階以上 ダイヤモンドヘッド側
(部屋からラナイ=ベランダに出ると、そこにはザ・ハワイな最高の景色が!)
航空会社:JAL指定
出発日:2020年10月18日
(あっ、私の誕生日です笑)

JTBHISJALパック
3泊5日252,000円〜252,800円〜240,100円〜
4泊6日294,000円〜292,800円〜277,200円〜
5泊7日336,000円〜332,800円〜314,100円〜

あれあれ?比較した私自身も驚いたんですが、案外、値段に違いはないですよね〜これは単純に値段だけで決めるべきじゃなさそうです。

もちろん、この金額はあくまで参考に過ぎません。
旅行金額は都度変化すると思うので、必ずご自分の目で確かめてくださいね!

でも、どうも「JTBが高くて、HISが安い」ってことではないみたいですよ?

これもきっと旅行会社のみなさんが企業努力を一生懸命してくれた結果ですね。
ハワイ旅行を楽しみたい皆さんにとってはありがたい限りだと思います。

ちなみにJALパックが今回の比較では一番安い結果になりましたが、それぞれの旅行会社が用意する特典とセットで考えた方がいいのかな〜と思います。

そう言った意味でも、もう少し続きを読んで見てください。

高くはないのに安心?JTBのハワイ旅行

高くなくても安心のサービス

「高いけど」は今となっては誤解だと思いますが、お値段が手頃になっても「安心感」や「充実」って点では定評があるようです。

今回、実際にいろんな人に聞いてみたんですけど、日本の店舗・ハワイのラウンジ共にスタッフの方の丁寧な対応に安心感を感じる方は多いようです。
これはとてもいいことですね!

小さい頃から親に連れられてJTBで旅行をしていて…と言った親子何代かに渡った長年のファンが多いのも大きな特徴ですね。

まず、ハワイ旅行を十二分に楽しむための基本スペックはこんな感じです。

<JTBの基本スペック>
早期予約割引:あり(120日前、90日前など)
飛行機の並び席:120日前までの予約で指定可能
空港ラウンジ:行きの空港ラウンジが利用特典
空港・ホテル間の送迎:あり
トロリー・バスなどの現地移動手段:あり(5ルート)
専用ラウンジ:4箇所(ホテルのクラブラウンジ6箇所)
貸出サービス:WI-FIルーター、スマホ(WI-FI、電話機能付き)ガラケー、ポケトーク(自動翻訳機)など ※一部は有料サービス

いずれも初めてのハワイには必要十分な充実度!
個人的には「大人なあなたへの上質な旅」ってイメージでしょうか?

反面、最新のテクノロジーの活用や若いファミリー層に向けたサービスは他社が一歩抜き出てる印象。ここは今後に期待って感じですね。

ガラケーのレンタルがある所などを見ると年配の方の利用も多いのでしょうから、シニア世代の旅行にも向いているのではないでしょうか。

現地の移動に大助かり、ちょっと上質なJTBのトロリー・電気バス

JTBのハイバス
(JTBのトロリー「ハイバス」)

トロリーが乗り放題なのもハワイ旅行で旅行会社を使う大きなメリットですよね!
慣れない土地では移動手段があるのと無いのとは全然違います。

ハワイ旅行で定番の移動手段もJTBだと少し上質
新型の低床トロリーや電気バスがあったり、車内で無料WI-FIが使えたり。
この辺はやっぱり充実のJTBだなって感じです。

もちろんGPSでいまどこを走っているかをチェックすることも出来ますよ。
これも何気に便利だな〜と思います(利用にはネット環境が必要です)

<主な運行ルート(行けるところ)>
新型低床トロリー:アラモアナ、カハラ、カカアコ
電気バス:ダウンタウン、KCC(毎週土曜のみ)
オリオリトロリー:ダイヤモンドヘッド

ルート数や停留所数ではHISに劣りますが、はじめてのハワイなら行きたいのに行けない!って不満は感じないと思いますよ。

運行時間や運行台数ではナンバーワンとのことです。あまり待たなくても来る、遅くまで遊べる、はポイント高いですね〜

JTBなら郊外ルートのバスツアーや海上遊覧ルートも

ノースショアまでショートトリップ

申し込む旅行プランによっては、郊外ルートのバスツアーや小型ボートで出かける海上の遊覧ルートもおまけで付いて来ます!

天国の海と呼ばれる「カイルア」、ノースショアのオールドタウン「ハレイワ」、人気の「ドールプランテーション」など、普通だとレンタカーが無いと行けない距離なので、これが付いてくるのは大きい!

ただし、申し込むツアーによっては付いてこない可能性もあるのでご注意を。ちなみにいずれか1つを選ぶ特典のようです。

ラウンジが充実!JTBのくつろぎ空間

JTBのクラブラウンジ
(JTBで利用できるクラブラウンジの例)

JTB専用のラウンジ「ルアナラウンジ」はもちろん、ホテルのクラブラウンジも充実してますね。

ルアナラウンジはチェックイン前に立ち寄って一休みしたり、朝食を食べたり、ドリンクを飲んだり、夕方から夜はビール、ワインなどを楽しんだり出来ますよ。もちろんWI-FIもあります。
ホテルをチェックアウトした後も使えるみたいです。

ちなみに一部のルアナラウンジでは和食メニューもあるとのこと!
さ、さすがJTB…海外の食事に胃が疲れたタイミングだと嬉しいかも。

キッズルームマッサージチェアーゲームエリアなどもあってお子さんがいても十分楽しめそうです。
ちなみにハワイでは12歳以下の子供をひとりにすることは出来ません。最悪は逮捕されますのでご注意をw
そういった意味でもラウンジは助かるサービスかも知れませんね。

<JTBのルアナラウンジがある場所>
・ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート&スパ(5:30〜20:00)
・モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ(6:00〜20:00)
・ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチ リゾート(7:00〜20:00)
・シェラトン ワイキキ(リニューアル工事を予定)
※一部清掃のためクローズする時間あり
※利用には宿泊ホテルの指定あり

加えて、最近ハワイでは流行りのホテルのクラブラウンジも充実してます。

こちらは先ほどのルアナラウンジより、ラグジュアリーで、施設も充実していて、大人の雰囲気って感じでしょうか。

クラブラウンジの場所にもよりますが、例えば、コンシェルジュサービスがあったり、プライベートチェックインがあったり、プリンターやコピーなんかのビジネス系のサービスがあります。

なので、大人の雰囲気を味わいたいならコッチが断然オススメです。

<JTBのクラブラウンジがある場所>
・シェラトン ワイキキ(6:00〜20:00)
・プリンス ワイキキ(6:00〜21:00)
・アウトリガー リーフ ワイキキ ビーチ リゾート(2箇所あり:7:00〜10:00/6:00〜9:30、17:00〜19:00)
・ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート&スパ(24時間)
・ザ ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキ(6:30〜19:30)
・モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ(6:00〜22:00)
※利用には宿泊ホテルや部屋のグレードの指定あり。ただし別途料金を払えばそれ以外の人でも利用可能。

しかし、この記事を書いてて思うんですが、こんなに数があったんですね〜
私は普段意識することがないサービスなのでビックリしました!
正直、ワイキキの主要なホテルにはどちらかがある位のイメージですよ。

旅の「困った!」を助けてくれるJTBのサポートデスク

JTBのオリオリステーション
 (JTBのオリオリステーション)

ハワイがはじめてのあなたなら、旅行中にいろいろ?なことも出て来ますよね。

そんな時はオリオリステーション、またはプラザと呼ばれるサポートデスクに訪れてみてください。

旅行で分からないことを聞いたり、オプショナルツアーを申し込んだり、レストランの予約とか、色々と相談に乗ってくれますよ。

ハワイ現地のJTBスタッフの人はつよーい味方になってくれるはず!

特に世界最大級のショッピングモール「アラモアナセンター」にあるオリオリステーションは大きいので、iPadコーナーやWi-Fi、物を預けたり、物を借りたり、おみやげを売ってたりとサービスが幅広い感じです。

<オリオリステーション・プラザの場所>
・アラモアナセンター
・ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート&スパ
・アロヒラニ リゾート ワイキキ ビーチ
・ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチ リゾート
※いずれも8:00〜18:00

さらにJTB限定の特別なサービスも

ここまで書いた内容も、当然JTBでハワイ旅行しないと利用できないんですが、さらに特別なサービスもあるんです。

例えば、こんな感じの洋上のステーションだったり(楽しそうじゃないですか?)

JTB オーシャンステーション
(JTBのオーシャンステーション in ハワイカイ)

こーんな感じでキュートなピンクのビュッフェディナーが正にビーチフロントで楽しめたり

ピンクパレス
JTBのオーシャンフロントディナー
(JTBのオーシャンフロントビュッフェディナー at ピンクパレス)

と、まぁ記事を書いてても、まだあるのか〜と思ってしまったほど(笑)特典が盛り沢山ですね〜

うーん、本当に疲れました…w

やっぱり、はじめてのハワイだったら旅行会社を使うメリットは大きいのかなぁと改めて思います。

ちなみに既に「いつからハワイに行けるのか」と日本の旅行会社さんには多く問い合わせがあるそうです。
アフターコロナはハワイに行きたい人が殺到しますから、下調べや予約は早め早めがオススメですよ。

JTBでハワイ旅行をチェックする

では、長くなってしまったので、今回はここで一旦終わりにします。

Mahalo!(ハワイ語で「ありがとう」)

次回予告:HISとJALパックはどうなのか?

ブログランキング参加中!
面白かったらクリックお願いします!


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ